スーパーコピー時計 >>最新情報
回転ベゼルの汚れ、パッキン・リューズの劣化などに注意
①回転ベゼル
回転するという性質上、ベゼルとケースの間に隙間が設けられている。そうしたわずかな隙間にはチリやホコリが入り込んでしまうと、それが原因で回りにくくなることがあるそうだ。それでも無理に回してしまうと、ケースまで傷つけてしまうこともある。
スーパーコピー時計

②パッキン
ダイバーズウオッチにたいてい使用されているゴム製のパッキン。裏ブタとケースの隙間にパッキンを使用して防水性を高めているのだが、ゴム製のため経年劣化が激しく、本来であれば3年程度で交換が必要。そのまま使い続けると防水性能が低下してしまうためご注意を。


③リューズ
頻繁に操作する部位ゆえに、摩耗が激しいリューズ。特にダイバーズウオッチの場合はそのほとんどがネジ込み式になっている。使い続けているうちに、知らず知らずのうちにネジ山が潰れ、水が入っていたということで修理に持ち込まれるというケースも少なくないと修理技術者は話す。水が入ると巻芯がサビたり、最悪折れてしまうというケースも。


前ページ: 回転ベゼルの動きが重くなってしまった
次ページ: おしゃれな腕時計選びのポイントとは?