スーパーコピー時計 >>最新情報
ムーブメントの薄さそのまま“スモセコ”付き
気が付けばもう、年末年始。そんな寒い季節に、ホットニュースが舞い込んできた。発信源は日本を代表するウォッチメーカー『シチズン』。圧倒的技術力で世界を驚かせ続ける名門が、自らの誇る“世界最薄”の時計「シチズン エコ・ドライブ ワン」でまたも新境地を切り拓いたのだ。スモールセコンドを備えた新作が平然とやってのけた神業の真髄は、一見クラシカルなのに実は超最先端という魅惑のギャップ。そこにしびれて憧れる!http://www.poptokei7.com/


と、テンションを上げた新作紹介のその前に。まずは「シチズン エコ・ドライブ ワン」について軽くおさらいしておこう。元祖は2016年生まれのマスターピース。その最重要ポイントは圧巻の心臓部に秘められている。定期的な充電が不要の高性能な「光発電エコ・ドライブムーブメント」を、厚さわずか1.00mmで製作。この数字は現在も世界最薄で、多様なパーツを極小の世界に組み込める技術力は、世界広しといえども他に類を見ない。唯一無二の薄さは見た目だけでなく、着用感にも直結。まるで時計を身に着けていないかのような解放感で、スタイリッシュ&ノンストレスなデイリーライフを約束してくれるのだ。そんな同モデル最大の武器は、もちろん今作においても受け継がれている。


前ページ: ジュエリーメーカー『カルティエ』が手掛けた
次ページ: 積極的にサッカー界との繋がりを強める