スーパーコピー時計 >>最新情報
安定した装着感をもたらす、ロイヤル オーク 37mm
2022年の個人的なイチオシは、新たな37mmサイズである。傑出した仕上げと、適度なサイズ感を持つ本作は、細腕の男性にも、あるいはマッシブな時計を好む女性にも似合う。搭載するのは、自社製のCal.4300系ではなく、ヴォーシェベースのCal.5900だ。時計好きであれば、そのソフトなジュネーブ仕上げを見れば、ヴォーシェであることはわかるかもしれない。


 スーパーコピー時計この自動巻きは、Cal.4300/4400系ほど凝った構成は持っていない。MPS製の傑出した両方向自動巻き機構を持つ4300/4400系に対して、本作はCal.5800系(こちらもヴォーシェベースだ)に同じく、片方向巻き上げ自動巻きを備える。もっとも、片方向巻き上げであれば、デスクワークでもよく巻き上がるだろう。


前ページ: 人気の「スピードマスター ’57」が大幅スリム化
次ページ: 希少モデルにのみ採用されたダミエ柄ギヨシェ