スーパーコピー時計 >>最新情報
ヨットマスターに新たに追加された42mmサイズモデル
ヨットマスターは「ヨッティングを楽しむセレブリティ」に向けられたコレクションです。そのためマリンウォッチとは言え、サブマリーナやシードゥエラーの持つ精悍な印象とはどこか一線を画してきました。


事実、1992年にヨットマスターが登場した当初は、オールゴールド製でした。1997年にイエローゴールド×ステンレススティールのロレゾール(コンビモデル)を、1999年にプラチナ×ステンレススティールのロレジウムモデルを発売したことでターゲットを拡大していくこととなりますが、スケールがエンボス加工された両方向回転ベゼルや、必ず素材にゴールドを用いるラグジュアリー感などは、まさにエグゼクティブです。


ちなみにヨットマスターの防水性能は100mです。またベゼルは両方向回転式となり、クリック感がきわめて少なく武骨さは見受けられません。


2019年にフルモデルチェンジでムーブメントがCal.3235へと載せ替えられたことで実用性はいや増しますが、「ラグジュアリースポーツウォッチ」「特別なロレックス」といった印象をお持ちの方も多いのではないでしょうか。


前ページ: 人間工学に基づいた43mmケースの新モデル
次ページ: ロレックス新作④シードゥエラー ディープシー Ref.136660