スーパーコピー時計 >>最新情報
民間航空業界の発展とともに歩んだ、パイロット御用達ウォッチ
ナビタイマーの人気は、開発者ですら予想できなかったものだったそうだ。1952年、ウィリー・ブライトリングは、パイロットが必要とするさまざまな航法計算を行うことができる、回転計算尺付きの腕時計型クロノグラフを開発した。
http://www.poptokei7.com/

 その2年後、このデザインが世界最大のパイロットクラブである国際オーナーパイロット協会(AOPA)の公式タイムピースに採用された。同協会の翼のロゴが12時位置に描かれ、「ナビゲーション・タイマー」すなわち「ナビタイマー」が誕生したという背景がある。


 民間航空業界の発展とともに、ナビタイマーも成長していった。航空会社の機長や熱心な航空機ファンに愛されただけでなく、1962年には昼夜を問わず時を刻む24時間表示の腕時計として、宇宙飛行士スコット・カーペンターの手首に装着され、宇宙へも進出したのである。


 また、マイルス・デイヴィス(トランペット奏者)、セルジュ・ゲンズブール(俳優)、ジム・クラーク(レーシングドライバー)、グラハム・ヒル(レーシングドライバー)といった当時のセレブリティにも愛用され、ナビタイマーは機能とスタイルを兼ね備えていることを証明した。


前ページ: カサブランカ サハラ 5850CASA SAHARA AC
次ページ: フランク ミュラー×ニューバランス コラボ第3弾