スーパーコピー時計 >>最新情報
ミルガウスはどのようにして高い耐磁性を実現しているか
一般的な機械式時計において、精度に影響を及ぼすといわれている磁場が50〜100ガウス(ガウスは磁束密度の単位)と言われている。http://www.poptokei7.com/
 どれくらいの単位か想像がつきにくいと思うので身の回りにあるアイテムで説明すると、スマートフォンのスピーカー部分は約200ガウス(約1万6000A/m)、マグネット式のバッグの留め具は約800ガウス(約6万4000A/m)ほど。現代はまさにそこらじゅうに磁気帯びの危険が潜んでいるのだ。
 それに対してミルガウスは1000ガウス(約8万A/m)までの磁束密度に耐えられるように作られている。


前ページ: イタリアンレザーの深い輝きを纏う“艶肌ウォッチケース”
次ページ: 1940年代のフライングオフィサーの写真をチェック!