スーパーコピー時計 >>最新情報
自社製ムーブメント搭載モデルへの変更
2002年、ETAはスウォッチグループ以外のメーカーへのムーブメント供給を、2020年以降に停止すると発表した。IWCも供給の対象外となるため、自社製ムーブメントへの切り替えを余儀なくされる。http://www.poptokei7.com/


2019年末に発表されたIWCのクロノグラフには、初の量産型自社製ムーブメントCal.69355が搭載された。IWCの完全なる自社製クロノグラフモデルが誕生したことになる。


メーカーが独自で開発する自社製ムーブメントは、手間やコストがかかる一方で、こだわりを反映させられるメリットがある。全てのラインナップに自社製ムーブメントを搭載しているブランドはごくわずかだ。


前ページ: 以前はETAベースのムーブメントを使用
次ページ: ポルトギーゼの新定番「Cal.69355」