スーパーコピー時計 >>最新情報
パテックフィリップの型番法則 スラッシュ後の4桁の数字
ハイフン後の4桁の数字によって示されるのは、「年式」、そして「バリエーション」です。
http://www.poptokei7.com/

代表的なコードは「-001」「-010」「-011」「-013」など。


モデルによって示す内容が異なるため、数字ごとの法則性は見受けられません。


例えば、Ref.5711/1Aにおいては、年式や文字盤色によってナンバーが割り振られています。


■2006年頃~2010年頃までに製造された個体:5711/1A-001。


■2010年頃以降に製造された個体:5711/1A-010。


■2012年に発表された白文字盤:5711/1A-011。


 
5711/1A-001と5711/1A-010の、大きな違いはブレス駒連結方法です。


2010年頃からブレス調整部分がネジ→ピン式に変更されました。これに伴い、型番末尾も変更が加えられています。


基本的には新たにコレクションに加わったモデルには「-001」が採用され、マイナーチェンジが行われると「-011」が用いられることが多いです。


前ページ: パテックフィリップの型番法則
次ページ: IWC ポルトギーゼをムーブメントで見極める