スーパーコピー時計 >>最新情報
あけましておめでとうございます。Ay&Ty Style の Ty です
2021年、本当に時計を買いにくくなりましたね。私もいくつかの時計に手を上げてみたものの、競争が激しすぎて(苦笑)。Ay 込みでいえばオーデマ・ピゲを1本、ユリス・ナルダンを1本購入しましたが、私自身は、時計趣味をスタートして以来初めて、時計が一本も増えない(買えない)年で終わるかと思いました。


そんな年の瀬、一本の時計と出会いがありましたので、こちらでその時計とストーリーをお話しします。
http://www.poptokei7.com/

2005年に心臓を撃ち抜かれ、今なお愛し続けるF.P.ジュルヌ。その中で特に思い入れが大きい時計が2本あります。その中のひとつがトゥールビヨン・スヴラン。写真の左側の時計です。


こちら、ご存じの方も多いと思いますが、フランソワポール・ジュルヌ氏が1999年にブランドを立ち上げて最初に発表したモデルであり、トゥールビヨンの腕時計がまだほとんど出ていなかった当時に、1秒ルモントワールを搭載してトルクを平準化するという、ギミック止まりではなく真面目に精度を考えて設計されたトゥールビヨンです。
最初の20本はスースクリプションとしてブランド設立費用の捻出のために販売され、文字盤に番号が書かれていますよね。


前ページ: パネライのシリアルナンバーと製造年を読み解く
次ページ: 各ブランドからの干支モデル一挙紹介