スーパーコピー時計 >>最新情報
1億円腕時計」ってどんな時計?
今月8日から宇宙旅行に行ってることで話題になっている前澤友作さん。その際、宇宙に持っていく時計として1億円の腕時計を日本から持っていったところ、宇宙に行く前に、ロシアの空港で没取されてしまったとのこと。そもそも「1億円の腕時計ってどんな代物?」という疑問を持っている人は多いと思います。前澤さんが持っていこうとした腕時計は、リシャール・ミルといわれています。http://www.poptokei7.com/


リシャール・ミルは、2001年に登場した、かなり新しい腕時計ブランドなのですが、その中心となる価格帯が1000万や1億円単位の超高級腕時計。正直、私は、このブランド、そこまで詳しくありません。ラインナップする腕時計の特徴としては、高価かつ限定モデルといった内容で、ロレックスといった一般的な高級腕時計の文脈からすると、かなり特殊な側面を持ち合わせているといえます。


リシャール・ミルの限定数は、15本とか50本といった少ない単位なのですが、これと同じような限定数の時計といえば、2003年頃に話題になったのがロジェデュブイを思い出します。ロジェデュブイは、マニュファクチュール(自社一貫製造)かつ、ジュネーブシール取得という超本格的な内容の腕時計ですが、28本程度の限定数で販売するといった傾向がありました。2003年当時は、パネライとフランクミュラーが流行りの真っ只中だったわけですが、その両方のいいとこどりをし、さらに「ジュネーブシール」といった付加価値をさせたという内容といえます。


しかしながら、その現在の中古相場を見てみると、あまり値動きはしていない様子。そのことから、2021年現在において、そこまで需要が高くないといえる側面があります。なぜ、こういった状態なのかというと、やはりその原因は28本限定という「少ない限定数」だといえるでしょう。これだけ数が少ないと、希少性を通り越して、「良さを他者と共有しづらい」という事になってしまいます。そうなると、時計ファン目線で「あのモデルがほしい」という需要を生み出しづらいのだと思います。


前ページ: ウブロ×ベルルッテイの特徴と魅力
次ページ: スケルトントゥルービヨン腕時計を使ってみた