スーパーコピー時計 >>最新情報
新機構を搭載したリシャール・ミルの新作
リシャール・ミルは、特許取得済みの機構「バタフライローター」を初めて採用した新作「RM 35-03 オートマティック ラファエル・ナダル」を発表した。活動量に合わせてゼンマイの巻き上げをコントロールできる新機構は、約3年の開発期間を経て実現された。


「RM 35-03 オートマティック ラファエル・ナダル」は、「バタフライローター」と名付けられた特許取得済みの新しい機構を搭載している。サナギから羽化した蝶が羽を広げるかのように、リシャール・ミルは3年にもおよぶ開発期間を経て、RM 35-03のムーブメントに新しい巻き上げシステムを採用した。http://www.poptokei7.com/


前ページ: 20世紀を代表するF1ドライバー「アイルトン・セナ」
次ページ: 車のドライブモードを切り替えるように、時計を操る