スーパーコピー時計 >>最新情報
スイスメイドの機械式スクエアウオッチに新たな選択肢

弊店へようこそ!弊店業界最大級規模スーパーコピー時計通販店。ロレックスコピー等2021人気、新作! 高品質コピー時計NOOB工場製品販売。


現在、店頭に並ぶスクエアウオッチで機械式ムーブメントを積んだモデルで、かつ現実的に狙える時計はそう多くない。選択肢としてはカルティエが筆頭で、時計好きならばタグ・ホイヤー、予算を下げてフレデリック・コンスタントあたり。逆にもう少し予算を出せるならばジャガー・ルクルトやジラール・ペルゴも候補に上がるかもしれない。いずれにせよベースモデルは指折り数える程度といえるだろう。



今回、オリスが発表したレクタンギュラーモデルは、筆者の体感としては2018年前後からのリブランディング以降で初となるスクエアウオッチの新作だと思われる。それ以前のオリス、とくに2010年ごろまでは1型のモデルにあらゆるサイズとカラーの展開を行うなど膨大なコレクション数があり、その中にはスクエアウオッチも確かに含まれていた。現在のオリスは、プロフェッショナルユースの時計を中心に手掛けるブランドへと変貌を遂げ、かつてのイメージからは完全に脱却したコレクションを展開している。


今回の最新レクタンギュラーモデルも、形を表すモデル名ゆえ共通項を求めがちだが実際のデザインは比べるべくもない。レイルウェイパターンを取り入れたアール デコ調のデザインは、洗練されたドレススタイルを構築。サイドに段差を設けたステップケースがさりげなく個性を主張する。


文字盤はホワイト、アンスラサイト、ブルー、ボルドーの4色展開でホワイトにはイエロー、アンスラサイトにはダークグリーン、ブルーとボルドーには同色のストラップが付属。クイックチェンジシステム付きでストラップの換装もユーザー自身が工具不要で簡単に行える。


人とは違ったモデルを好む人であれば、間違いなく候補に上がりそうな角形時計の新たな選択肢。日常に溶け込む絶妙な色使いは、旗艦シリーズ「ビッグ クラウン ポインターデイト」に代表される近年のオリスの得意とするところでもある。この角形ウオッチなら、日々の生活に彩りを与えてくれるに違いない。


前ページ: ロレックス サブマリーナ デイト 116610LV
次ページ: サンドカラー文字盤からの印象の変化にギャップ萌え