スーパーコピー時計 >>最新情報
ロレックスのオーバーホール周期と修理に出すタイミング
ロレックスは殆どのモデルが機械式自動巻きムーブメントです。


機械式時計は細かなパーツが精密に組まれて動く仕組みの為、定期的なオーバーホールが必要です。これを怠ると次第に各パーツは悲鳴を上げていき、やがて動かなくなります。


ご使用状況によってオーバーホール周期は異なりますが、ロレックスは3~4年に1回オーバーホールを受けることを推奨しており、ユーザーはこの期間内にオーバーホールを受けることが求められます。


高級腕時計 メンテナンスhttp://www.poptokei7.com/


オーバーホールではムーブメントを分解洗浄したり、歯車のオイルを差し直したり、場合によってはパーツ交換をします。


主なオーバーホールの工程は以下の通りです。


1.  ケースからムーブメントを取り出し分解する


2. 一つ一つパーツを外していき、破損しているパーツがあれば交換する


3. 全てのパーツを超音波洗浄にて綺麗にする


4. 歯車などにオイルを挿しながら元通りに組み上げる


5. 精度チェックや防水性チェックを行う


前ページ: グリーン×ゴールドのエレガントなダイバーズ
次ページ: 日本ロレックスの正規サポートを利用する