スーパーコピー時計 >>最新情報
グランドソヌリ(ミニッツリピーター)はどのような機構か?
スーパーコピー時計パテックフィリップが手掛けてきた複雑機構の中でも、ソヌリやミニッツリピーターは特別な存在です。


まずミニッツリピーターについて簡単に解説すると、チャイミング機構のことです。


時計に搭載されたレバーやプッシャーによって当該機能をオンにすると、時間・15分・分単位それぞれでゴングを鳴らして時刻を知らせてくれます。ちなみにそれぞれの単位によって、音色やゴングの回数が変わることが一般的です。


17世紀に誕生した機構ですが、1783年、天才時計師アブラアン=ルイ・ブレゲが小径薄型化と音色の改善に成功。今なおブレゲの発案がベースとなっています。


ちなみにグランドソヌリ(グランソヌリ)はミニッツリピーターのようにオンにした時ではなく、作動時に自動で毎正時と15分をチャイミングする機構です。毎正時と30分おきに知らせる機構はプチソヌリと呼ぶことがあります。ソヌリ・ミニッツリピーターを一緒に搭載するケースも見られます。


言うは易し、と申しますが、ミニッツリピーターはきわめて製造が難しい機構の一つです。


まず音色を奏でるための2本のハンマーとゴングが用意されます。そして時・15分(クォーター)・分それぞれを制御するパーツにはレバーが取り付けられ、リピーター機能をオンにするとレバーが連動し現在時刻の位置まで移動します。この移動した分だけハンマーが動くよう調整され、必要な回数ゴングを打ち鳴らすこととなります。


この動力は全てゼンマイでまかなうこと。そのために十分なパワーリザーブを保持していること。時刻表示以外にもミニッツリピーター機構を緻密に搭載しなくてはならないこと。加えてムーブメントの気密性も重要視しなくてはならない近年のケース構造において、美しい音色を響かせるのは至難の業であることから、難易度の高い製造方法となっているのです。


前ページ: パテックフィリップ グランドソヌリ 6301P
次ページ: バドミントン 桃田賢斗選手が愛用している時計