スーパーコピー時計 >>最新情報
この背景として、世界的な「カネ余り」が挙げられます
新型コロナウイルスは人々の交流や行き来を制限させた結果、各国で大規模な金融・財政政策が打ち出されました。


わが国では2013年から量的・質的金融緩和制作が導入されていましたが、2020年にさらに強化。超低金利な資金調達が可能となったこと。加えて経済活動が再開していく中で急落していた株価が大幅回復したこと。わが国でも、日経平均株価は不安定な動きを見せることもありますが概ね好調であることから、余った資金を貯蓄から投資に回す向きが非常に活発となっており、その投資商材がロレックスを始めとした高級腕時計になっている、というわけです。


もちろん高級腕時計スーパーコピー時計のみならず、酒類やトレーディングカード,アイドルやキャラクターグッズなどといった商材も投資対象として相場を上昇させていますが、こういったカネ余りの影響は小さくないでしょう。


このカネ余りは金融緩和のみならず、コロナ禍の消費者の購買傾向の変化にも理由があります。


繰り返しになりますが国際間でも国内でも人流制限が求められたことから人々は外出自粛を余儀なくされ、結果としてレジャーや飲食での消費が低減しました。そのため「遣わなくなったお金」が、高級商材に向かい、結果的に全体的な市場相場が上がっていることが考えられます。


もっともこういった消費傾向を「リベンジ消費」などと呼び、投資とは切り離した傾向とはなるものの、高級時計市場の成長を底上げしていることは事実です。


前ページ: 高級腕時計市場が成長しているって本当?
次ページ: 世界最高のパートナーシップ「ウブロ」×「フェラーリ」