スーパーコピー時計 >>最新情報
王道のパイロット時計スタイルにブルーと多機能を組み合わせる
スーパーコピー腕時計1980年代にクルト・クラウスが開発した永久カレンダーゆかりのキャリバー52615は、577.5年で誤差1日の高精度によって南北半球の月相を表示するダブルムーンフェイズを12時位置に搭載する。日、曜日、月、4桁の西暦、そしてパワーリザーブの各表示が美しくまとめられている。


スペック:自動巻き(自社製Cal.52615)、毎時2万8800振動、7日間パワーリザーブ。ステンレススチールケース(シースルーバック)、カーフストラップ。直径46.2mm(厚さ15.4mm)。6気圧防水。


前ページ: 砂漠カラーをまとった46mm径の「トップガン」
次ページ: 2021新作 ヴァシュロン・コンスタンタンの日本特別モデル