スーパーコピー時計 >>最新情報
2015年 為替によるパネライの定価下落
スーパーコピー腕時計2015年の為替は5月から9月にかけて”20円以上”の急激な円高に振れるなど、円高傾向の強い年でした。その影響は非常に大きく、高級腕時計ブランドのほとんどが「為替の下落率」とほぼ連動して「相場が低下」しました。
パネライも例にもれず、各モデルの定価が”1割~1.5割”ほど下がり、中古時計相場もそれに合わせて大きく下落。中には数十万円も値段が下がったモデルも存在します。


円高に振れることは、買い手にとっては時計を安く買える非常に「ラッキー」な状態です。しかし、時計業界全体、特に中古時計を扱う時計店にとって、デメリットは大きいものとなります。売値が下がった分、”時計買取”の「買値」も下がってしまうため、時計を手放す人が減少。その影響からか、どの時計店でも在庫不足に陥るケースもしばしば見受けられました。


前ページ: IWC SIHH(ジュネーブサロン)2018新作レポート
次ページ: 2016年末 円安による相場回復