スーパーコピー時計 >>最新情報
一方で蓋がついたタイプの懐中時計をハンターケースと呼びます
風防(ガラス)を保護するための蓋で、ヒンヂ式(蝶番のこと)に開閉して時刻確認したり、再びポケットにしまったりする仕様です。ちなみにリューズが開閉を兼ねることが多いです。


この蓋は文字盤側・ケースバック側両方に取り付けられ、時計を挟むようにしたタイプも存在しますが、上蓋のみが一般的と言えるでしょう。蓋はケースと同一素材であることがほとんどです。


前ページ: 古い映画のワンシーンやセピア色の写真などで目にする懐中時計
次ページ: 深みあるディープグリーンが伝えるオリジナルの偉大さ