スーパーコピー時計 >>最新情報
三本目に名前を挙げたいのが、ブライトリングです
2017年、これまで独立を守ってきた同社がイギリスの投資ファンドに買収され、新CEOとしてジョージ・カーン氏が就任しました。
スーパーコピー腕時計ジョージ・カーン氏はリシュモングループ傘下のIWCで14年にわたりトップを務めてきた凄腕です。現在の国際市場で戦えるIWCの礎を築いたカリスマとして高い評価を得てきました。
そんなジョージ・カーン氏が打ち出す2018年の中で最もセンセーショナルであったのが航空用回転計算尺を取り払ったナビタイマー8です。
賛否両論あったものの、なんだかんだ定番化。従来デザインのナビタイマーも残ったので、むしろ上手にすみ分けできました。


そしてバーゼルワールド2019(正確にはプレリリース)にて、ナビタイマー8の新ヴァージョンが新たに発表されました!
その名も、アビエイター8です。


前ページ: 例年バーゼルワールドの顔を張るブランドと言えばロレックス
次ページ: パネライ ルミノール ドゥエ 38mm PAM01043