スーパーコピー時計 >>最新情報
ドレスウォッチってどれくらいのサイズ(ケース径)が適切なの?
現在のドレスウォッチは直径39mm~40mmが主流です。以前は36mm前後のスーパーコピー時計モデルが多く扱われていましたが、ケースの大型化がトレンドになるにつれ、いまのサイズ感に落ち着いています。


また、厚みに関しても薄くあればあるほど良く、逆に無骨なデザインは好まれません。


とはいえ腕周りの細い方は39mmよりも小さいサイズを選ぶのが最善ですし、体格の良い方は40mmを超えるサイズの時計を身に着けても良いでしょう。


直径39mm~40mmを基準とし、体格に合わせた時計選びを行うとよいでしょう。


前ページ: 古い映画のワンシーンやセピア色の写真などで目にする懐中時計
次ページ: 一部のファンから熱狂的な支持を受けているカルティエ 「パンテール」