スーパーコピー時計 >>最新情報
IWC ポルトギーゼ クロノグラフとは?
スーパーコピー時計ポルトギーゼの歴史は、実は1939年までにさかのぼります。当時は懐中時計が主流でしたが、じょじょに腕時計も浸透し始めていた時代でもあります。


そんな折、ポルトガル商人がIWCに、「高精度な懐中時計のムーブメントを搭載した、大型の腕時計が欲しい」という要請を出します。ポルトガル商人は航海での移動が多く、波の揺れや衝撃・温度変化に影響を受けづらい、丈夫で信頼性の高い時計を求めていたのでしょう。


ポルトギーゼは早い段階で安定した大型ムーブメントを輩出していたため、うってつけの役割だったのでしょう。


そうしてできた大型腕時計をIWCは、ポルトガル商人にちなんで「ポルトギーゼ」と名付けました。


その後ポルトギーゼはIWCのラインナップに加わることとなりますが、当初は細々といった様相で、今ほど「ブランドの顔」然とはしていませんでした。


ポルトギーゼが一気に市場の注目を集めるようになったのは、1995年です。「ポルトギーゼ クロノグラフ」がリリースされたのです。


前ページ: 1990年代末の興奮を甦らせる名作が再降臨
次ページ: 古い映画のワンシーンやセピア色の写真などで目にする懐中時計