スーパーコピー時計 >>最新情報
まずは、メタリックグリーン・ダイヤルを備えた「104.ST.SA.IG」
スーパーコピー時計グリーン文字盤が昨今のトレンド色となっているのはご存知のとおりだが、ドイツ勢に関していうと決して流行に追従しているわけではなく、チュチマやGOそしてこのジンなど、むしろブームの先駆けとなった感がある。


ポリッシュ仕上げのステンレススチール製ケースとブレスには、ドイツならではの、しっかりとした重厚な存在感がありすぎるほどあり、クラシカルなデザインの顔つきとその背景を包むメタリック・グリーンの華々しさとが、絶妙なコントラストを作りあげている。


しかも無反射サファイア クリスタルを通った光の加減によっては、より鮮やかなグリーンから黒まで、その表情がめまぐるしく変わるため、飽きることなく眺めていられる。


前ページ: ヴァシュロン・コンスタンタンが銀座に新たな旗艦店をオープン
次ページ: 今年のIWCはビッグ・パイロット・ウォッチに多くの新作を投入した