スーパーコピー時計 >>最新情報
マリンスポーツなら10~20気圧防水あると安心
スーパーコピー時計の基本的な防水性能として設けられているのは3~5気圧防水が多い。もちろん日常におけるちょっとした汗や水滴などには耐えうるものの、腕時計本体にも大量の水が降りかかるマリンスポーツに適した防水性とはいえない。また、生活防水ではシャワーや水道水が直接かからないよう留意するべきともされている。そのため、夏のレジャーを気兼ねなく楽しみたいのであれば10~20気圧防水は欲しいところだ。海やプールで水しぶきを浴びる程度であれば10気圧、スキューバで水に浸かるならば20気圧と考えておこう。もちろん、本格的なダイビングを楽しむならそれ以上の防水性が必要となるので注意すべし。


前ページ: オン・オフを問わず活躍する洗練時計に魅力的な新色が加わった
次ページ: 名門チューダーが誇るフラッグシップ、ブラックベイの現在