スーパーコピー時計 >>最新情報
優先的に覚えるべきロレックス用語を設定
では、ロレックスの専門用語、“ロレックス用語”を解説していきます。しかし、そのロレックス用語もたくさんありますので、この投稿の中で全部を紹介することはできません。そこで、優先的に覚えるべきロレックス用語を設定します。
http://www.poptokei7.com/brands/cate-1591/

今回私は、“新旧”を理解するために有用なロレックス用語を、覚えるべき用語にさせていただきます。なぜなら、そのロレックスが「古いか、新しいか」という点は、中古価格にも影響します。そのため、この要素は実際に使う場面が多いのです。


イメージしやすいように例を出しましょう。例えば、皆さんが普段使っている「10円玉」には、「ギザ10」という専門用語があります。これは、過去に存在した「縁がギザギザした10円玉」を指しています。つまり、10円玉にも仕様違いがあるのです。


ここで私が言いたいのは、「10円玉にも違いがある」という事実に気付くには、「ギザ10」という用語を知っていることが近道になるということです。そしてもし、ギザ10が「1950年代に作られた」という知識があれば、「古いものである」ということにも思い至るでしょう。実際は10円玉には製造年が入っていますので、硬貨を読めば年代の特定は可能です。ただ、その用語を知っていることで、より簡単に「古いものである」と判断できるのです。


前ページ: 由緒ある歴史を称えて神秘の森をデザインに取り入れる
次ページ: “仕様の違いを判断できる”ロレックス用語を解説