スーパーコピー時計 >>最新情報
「カレラ」から60年あまり。ついに2つの歴史がひとつに
タキメーターベゼルとインデックスの数字フォントは、ポルシェ カレラのメーター類を模したもの。サーキットのアスファルトをイメージしたダイアルの表面加工が斬新だ。


両社の歴史をひも解けば、最初の接点は1950年代に開催された伝説の「カレラ パナメリカーナ メヒコ」に行き着く。創業から20年強にすぎないポルシェが、1954年大会のスモール・スポーツカー部門で優勝し、その名を世界に轟かせた公道レースだ。


一方、生粋のレース好きだったホイヤー社4代目当主のジャック・ホイヤーも、そのハイレベルなレース内容に感銘を受け、1963年に「ホイヤー カレラ」を完成させた。レースのために開発されたこのクロノグラフは、信頼性と実用性の高い時計として大成功を収めたのである。http://www.poptokei7.com/


前ページ: 「キャリバー400」のローターを外してみると…新たな発見が
次ページ: 精緻なメカの仕組みや動きはシースルーバックから楽しむ