スーパーコピー時計 >>最新情報
歴史的な2機のブルーインパルスがデザインモチーフ
高性能かつ想像性を表現する「プロマスター」は、陸・海・空の各ステージ向けにプロフェッショナルなタイムピースを展開している。今回のニューモデルは、東京五輪開幕式の当日、大会の成功を祈って東京上空に五輪マークを描いた「ブルーインパルス」のロゴや機体カラーをデザインに用いた、パイロットクロノグラフとなっている。


「プロマスター」と「ブルーインパルス」のタッグは1999年までさかのぼり、本機で5回目のスペシャルウオッチの登場で、今回は2モデルが同時に発売された。ひとつはブルーインパルスが現在運用しているT-4のカラーを取り入れた「CB5867-79A」。もうひとつが初代ブルーインパルスのF-86Fの機体色を想起させる「CB5860-43A」である。


いずれもシチズン独自のテクノロジーである光発電エコ・ドライブや時刻の電波修正、ワールドタイム表示などを備えている。外観では文字盤とケースバックにブルーインパルスのエンブレムがあしらわれ、ロゴ入りの専用ボックスに収納されている。


前ページ: 1990年代末の興奮を甦らせる名作が再降臨
次ページ: 「キャリバー400」のローターを外してみると…新たな発見が