スーパーコピー時計 >>最新情報
ヴァシュロン・コンスタンタン新たな命を吹き込まれた時計たち
懐中時計や腕時計を問わず、これらのヴィンテージ・ウォッチの収集に取り組むのは、ヴァシュロン・コンスタンタンのヘリテージ・チームです。活動の目的は、ヴァシュロン・コンスタンタンが長年にわたり世に送り出した代表的な時計の一覧を作成することにあります。そのために、オークションルームや個人とのコンタクトなど、あらゆるルートを利用しますが、彼らが常に肝に銘じているのは、時計がシンプルなモデルであろうと、リピーターやカレンダー、クロノグラフといった複雑なモデルであろうと、時計を選ぶ際に最も重要なのはエキスパートの鑑識眼だということです。


懐中時計は主に1910年から30年、腕時計は1970年以前で、とりわけ好ましいのは1940年から60年頃のモデルになりますが、これらは22段階のステップをふんでコレクションに加わります。まずはじめは、歴史的な検証です。自社のアーカイブにはおよそ1世紀半に及ぶケース番号とムーブメント番号をリストアップした記録があり、これと照合して時計の真正を確かめます。


前ページ: 勢いある若手ドライバーの躍動感と情熱を共有できるクロノグラフ
次ページ: パテック フィリップからさらなる新作が追加発表された