スーパーコピー時計 >>最新情報
時計のディスプレイの概念を変える“ひっかける”時計とは?
時計という言葉を聞いてまっさきに頭に浮かぶのは腕時計かもしれないが、時計には腕時計以外にも置き時計やクロック(壁掛け時計)など様々なジャンルがあり、腕時計と同様にそれぞれ魅力的なプロダクトが生み出されている。
今回はそんなクロックのなかから、従来の時計のイメージを覆すユニークなコンセプトとデザインを採用した“Hang(ハング)”をクローズアップしてみた。


“Hang(ハング)”は、レーザーカットで工業製品を製作する鉄工所と、デザイナーのサトウフミシゲがタッグを組んで生み出された愛知県西三河発のブランド“GRAVIRoN(グラビロン)”の代表作。“掛け時計の概念をどこまで崩せるか?”を追求して生み出されたユニークなデザインを採用しており、“ひっかけ時計”という新たなジャンルを提案している。


前ページ: 1970年代の伝説的クロノグラフがデザインのモチーフ
次ページ: ドレスウォッチってどれくらいのサイズ(ケース径)が適切なの?