スーパーコピー時計 >>最新情報
ロレックス「デイトジャスト 36」“パーム”モチーフのダイアル
ロレックス(ROLEX)の“クラシックウォッチの典型”ともいえる「デイトジャスト 36」は、ダイアルの3時位置の小窓に日付を表示する初の自動巻防水クロノメーター腕時計として、1945年に誕生。高い機能と流行に左右されないデザインが魅力だ。新作は、ダイアルに熱帯林を想起させる「パーム」モチーフをあしらい、堅牢性に優れるオイスターブレスレットを備えた。また、完全自社開発・製造のムーブメント「キャリバー 3235」を搭載し、パワーリザーブは約70時間を誇る。


前ページ: デザインウオッチの名作“マッハ2000”の魅力を探る
次ページ: ロレックス“極限を耐え抜く”腕時計「エクスプローラー」