スーパーコピー時計 >>最新情報
IWCの2020年新作ポルトギーゼ オートマチック 人気 コピー時計
とは言え冒頭でもご紹介したように、見本市のオンライン化は暫定的なものであると誰もが信じていました。事実、Watches & Wondersは同年9月、経済が持ち直してきた中国 上海でデジタルではないリアル見本市を開催しました。

しかしながら新型コロナウイルスの収束に目処は立っておらず。恐らく2021年4月に大きな改善は見られないとして、完全オンライン化の決定が下されたのでしょう。http://www.poptokei7.com/brands/cate-15933/

ちなみに、ただ2020年のデジタル見本市を踏襲するわけではないようです。

2021年はライブチャットやストリーミング機能等、よりユーザーにとってユーザビリティの高い機能が導入され、臨場感溢れるイベントとして楽しめるとのこと。つまり、2021年も我々時計愛好家は、変わらず時計ブランドの魅力的な新作を楽しめるということですね!

なお、Watches & Wondersは2022年以降の見本市についても言及しています。曰く、2022年からはデジタルではなく、伝統的な形態へとシフトしていくと。


前ページ: 芸能人・有名人が愛用している オーデマピゲ コピー時計
次ページ: LVMHグループのウブロ ブルガリ ゼニスは新作発表 人気 コピー時計