スーパーコピー時計 >>最新情報
2001年に創業したスーパーコピー超高級時計ブランド・リシャールミル
2001年に創業した超高級時計ブランド・リシャールミル。その誕生以来、何かとスーパーコピー時計業界の巷間で取り沙汰されてきたものでした。

とりわけ価格面での話題には事欠きません。平均単価は2000万以上、モデルによっては億超えが当たり前という衝撃プライスで、「最も盗難に気をつけなくてはいけない高級時計」のトップ5に名を連ねるとか連ねないとか。

そんな中でよく頂くお問合せが、「なぜリシャールミルはこんなに高いのか?」です。

近年、多くのブランドが高価格帯路線に舵を切っているとはいえ、平均価格が2000万円超などと言うリシャールミルは異例中の異例。「本当に価値があるの?」「売れているの?」といった疑問点も併せて頂いております。

結論から申し上げますと、売れています。

そして、多くの時計メディアや時計業界人が、リシャールミルの価格帯について「適正」とし、好意的に見ていることも事実です。

この理由は、リシャールミルは確かに価格も超ド級ではあるものの、製品自体もブランド戦略も超ド級であることから見出していけるでしょう。

そこでこの記事では、超高額時計を世に放ち続けるリシャ―ルミルの凄さと、「なぜこんなに高いのか?」かつ「なぜこんなに高いのに成功しているのか?」この秘密について解説いたします。


前ページ: 時計コピー愛好家から根強い支持を獲得している同ブランドですが
次ページ: ウブロは時計ブランドコピー時計の中では、比較的高価格帯に位置