スーパーコピー時計 >>最新情報
文字盤兼用のブリッジをスケルトンにしていることが分かります

「強度を保ってギリギリまで抜く」ことが良しとされていたスケルトンに対する新しい表現として、対称性を表現した美しいブリッジ造形を目指したそうです。
たしかにアントラサイトカラーの地板自体はガッチリとしており、文字盤兼用のブリッジをスケルトンにしていることが分かります。

クロノグラフはセンターの60秒積算計、9時位置の30分積算計、3時位置の12時間積算計によって最大12時間までの測定に対応します。
積算計サブダイヤルはセンターの真横か、少し下げた位置に配置されるのが「定石」ですが、この作品では逆に少し上側にオフセットさせています。
パッと輪列を読んだ感じでは12時間積算計は香箱から文字盤側の輪列(香箱横のブリッジの穴石)で動力を取っており、30分積算計は60分積算計からの桁上がりで進む定番の構成のようです。http://www.poptokei7.com/



前ページ: スーパーコピー時計製作における伝統的なノウハウとその正確性
次ページ: 金属アレルギーの方の腕時計選び アレルギーを起こしづらい素材と防衛策