スーパーコピー時計 >>最新情報
マニュファクチュール新工場に与えられた役割

プラン・レ・ワットのパテック フィリップ新工場。建築設計はフリスク・マリニャック・ピドゥー設計事務所(ジュネーブ)。室内設計は、(計画・施工) フライ& ステファニ設計事務所(トネ)。 ジュネーブ州《高エネルギー効率(HPE)》規格準拠の省エネルギー建物。スイスにおける建物のエネルギー効率レベルMinergie-P (Minergie より上位)認定を申請中とのこと
新工場は、2015年にジュネーブ市郊外プラン・レ・ワットにて着工され、2020年初頭に落成。10フロア、全長約200mに及ぶ規模で、今後20〜30年にわたるマニュファクチュール パテック フィリップの成長を支える次世代の拠点になるという。

それまでのパテック フィリップは、1996年に建設した本社工房を拠点としながらも、2003年に外装関係を近隣のペルリーに移転。2009年にも既存のオフィス・ビルを工房に転換し、ムーブメント構成部品をそこで製造するなど、ブランドが発展するにつれて事業活動も分散していた。これらをひとつ屋根の下に統合することが、新工場の大きな狙いとなっているという。



前ページ: 歴史の新たな1ページを予感させるリミテッドモデル
次ページ: 独自の美学を貫くモノプッシュ式クロノグラフ