スーパーコピー時計 >>最新情報
歴史の新たな1ページを予感させるリミテッドモデル

パテック フィリップは、時計の創作、開発、製作を行う新工場PP6の着工と完成へのトリビュートとなる独創的なカラトラバ・モデルを特別製作し、6月18日に全世界へ披露した。こうした限定タイムピースの発表自体は、1997年にプラン・レ・ワットの新しいマニュファクチュール落成時の「パゴダ5500モデル」「ミニット・リピーター5029モデル」に前例のあるように、決して特別なことではない。パテック フィリップは、その長い歴史のなかで重要な出来事があるたび、限定製作の記念タイムピースを発表するという伝統がある。

とはいえ、時計業界では「パテック フィリップが2020年に新作を発表しない」という説が定着しつつあったいま、この新作発表を予想できた人は果たしてどれほどいただろうか。しかも、披露されたタイムピースはステンレススチール製のカラトラバ、である。



前ページ: 日本人アーティストが描き出した光の粒が
次ページ: マニュファクチュール新工場に与えられた役割