スーパーコピー時計 >>最新情報
AP脱進機の最大振動数が間違っていた

いよいよ発表された、グランドセイコー60周年モデルの一つ、メカニカルハイビート36000 80 Hours。
個人的に興味があるのはもちろん、新開発のデュアルインパルス脱進機を搭載した「キャリバー 9SA5」です。
デュアルの意味は、片方向がダイレクト(直接)、もう片方がインダイレクト(間接)で衝撃(インパルス)を与える構造になっているからと思われます。

WATCH MEDIA ONLINEではダイレクトインパルスの一種であり、効率だけならトップであるデテント脱進機に対する誰得記事を書いてきましたが、まさかグランドセイコーからこのような形で関係する技術が登場するとは思いませんでした。
来週、実機を取材する予定ですが、それに先立ち公開情報だけで”推測”するのがうまく当たったので”二匹目のドジョウ”を狙って予測してみたいと思います。http://www.poptokei7.com/



前ページ: 巻き上げと計時輪列のトルク伝達を矢印で示しました
次ページ: モーリス・サンド コレクション特別展覧会開催