スーパーコピー時計 >>最新情報
あえてカウンターを省いたH.モーザー流クロノグラフ

「ストリームライナー・フライバック クロノグラフ オートマティック」は、流線型車両からインスパイアされた人間工学に基づくブレスレットと、ラグのないクッション型ケースを融合した“ラグスポ(=ラグジュアリースポーツ)”にカテゴライズされる。その特異なフォルムにより、見た目以上に腕へのフィット感は快適なものである。

そして外装もさることながら、機構もまったく新しい。時分針の同軸上に積算用の60分針(シルバー)と60秒針(レッド)を備え、あえてインダイアルを排除することで簡素化を図った。一方で、複雑なフライバック機能を有しているというから驚きである。

H.モーザーが得意とするフュメダイアルも採用。グリフェ仕上げで筋目を入れ、チェッカーフラッグを彷彿とさせるアワーマーカーと60のみアプライドインデックスをセット。ミニマリズムを極めるH.モーザーの様式美を十分に踏襲している。なお、ラグ一体型ケース、フライバック付きクロノグラフ、ラグジュアリースポーツウオッチのスタイルは、いずれも同社初の試みである。http://www.poptokei7.com/



前ページ: アンドレアス・ストレーラ トランスアクシャル トゥールビヨン
次ページ: オーセンティックかつアーバンスタイルのタイムピース