スーパーコピー時計 >>最新情報
ヴィアネイ・ハルター ディープ・スペース・レゾナンス

新年早々【速報】を出すほどの衝撃だったヴィアネイ・ハルター(Vianney Halter)のディープ・スペース・レゾナンス。
元になったディープ・スペース・トゥールビヨンは3年前に詳細をレポートしました、今回のものは「レゾナンス」に合わせて新しい機構が組み込まれているのと、前回のやり方はいまとなっては伝わりにくいかな…とも感じるので「いつものやり方」で改めてレポートします。

「レゾナンス(共振)」と称する機構は今までも取り上げてきましたが、ヴィアネイが選択したのはアコースティック(音響)によるレゾナンスで、二つのオシレーター間に明示的な機械的要素による接続が無く、空気の粘性・音によるタイミング情報のやり取りによって共振が発生するものです。
これを検証するための検証機がまず作られ、条件が探られたようです。http://www.poptokei7.com/



前ページ: A.ランゲ&ゾーネ ヴィンテージ懐中時計"訳あり品"博物誌
次ページ: スーパーコピー時計技術開発とスタイルへのこだわり