スーパーコピー時計 >>最新情報
A.ランゲ&ゾーネ ヴィンテージ懐中時計"訳あり品"博物誌

ランゲ&ゾーネの創業者フェルディナンド・アドルフ・ランゲは、高品質・高精度の時計製作を目指して1845年にグラスヒュッテに工房を開く。そして1864年、精度を安定させるためのブリッジである3/4プレートを発明。1868年には自社の時計の高品位規格を明文化し、その条件をクリアした時計を1Aクォリティーと名付け、品質保証の基本とすることを始めた。
すなわちランゲは自社のユーザーに対し、“1A規格”として以下の項目を保証したのである。

●ケース:18金もしくは純銀であること。
●ムーヴメント:ガンギ、アンクルに純金を使用、他はジャーマンメタル(洋銀)による仕上げ。ビス止め式ゴールドシャトンで受け石にはルビーもしくはダイヤモンドを使用、青焼きネジ3点止め。エングレービング入りテンプ受け。金のチラネジを使った大型のバイメタル切りテンプ。
●精度:高・中・低温という3つの温度帯環境で5姿勢による精度調整が行われていること。

こうした企業努力により、アドルフ・ランゲが完成させたプレートの一体化した特徴的なムーブメントは“グラスヒュッテ様式”と呼ばれ、壊れにくく、高品質という知名度を欧州各国で徐々に確立していく。http://www.poptokei7.com/



前ページ: ロレックス「オイスター パーペチュアル GMTマスターⅡ」
次ページ: ヴィアネイ・ハルター ディープ・スペース・レゾナンス