スーパーコピー時計 >>最新情報
PIAGET/夢のコンセプトウォッチがついに商品化
今年のピアジェの注目すべき最新作は、超薄型の限界に挑んだ「アルティプラノ」だ。1950年代から薄型ムーブメントの開発と超薄型時計で伝統を築いてきたピアジェは、2018年に時計全体でわずか2㎜という究極の薄さを誇る機械式時計を実現したが、その際の実験的モデル「アルティプラノ アルティメート コンセプト」が試行錯誤をへていよいよ商品化が実現。ケース自体がムーブメントのメインプレートになり、ふつうの手巻きよりも100を超える283個もの部品で構成されているのは、奇跡としか言いようがなく、ピアジェの並外れた精密技術の妙技に驚くばかりだ。http://www.poptokei7.com/


前ページ: GIRARD-PERREGAUX/限りなく透明なケースで驚きの全部見せ
次ページ: ULYSSE NARDIN/アイスとマグマで表現する「フリーク」