スーパーコピー時計 >>最新情報
アルプスの美しい景観をバックに氷上で行われる伝統的レース

ツェル・アム・ゼーで2大会連続開催となった「GP アイスレース」は、1952年にフェルディナント・ポルシェ博士が主催者に名を連ねた頃から、オートバイや自動車による氷上のグランプリレースへと進化した。2019年、45年振りにポルシェファミリーの末裔が復活させたことで話題をさらった同レースに、もちろんポルシェも参戦したのだった。

開催地ツェル・アム・ゼーは、スイス有数の観光地サンモリッツと肩を並べるほど、アルプスの壮大な景色を臨めるリゾート地だ。ここはかつて、フェルディナント・ポルシェ博士が家族のために「シュットグート」を建てた地であり、ポルシェにとって第二の故郷とも言える。

これらのバックグラウンドもあり、ポルシェデザインはGP アイスレースのオフィシャルタイミングパートナーを務めた。それと同時に、スペシャルモデル「クロノタイマー GP アイスレース スペシャル・エディション」を発表。人気のクロノタイマーをベース機に、氷をイメージさせるアイスブルーやホワイトをアクセントとして用いるなど、氷上で競われる特異なレースのスピリットを巧みに表現している。http://www.poptokei7.com/



前ページ: オリエント70年の歩みの中で愛された2モデルを復刻
次ページ: エクスクルーシブなキャリバーH-10の耐磁性能がアップ