スーパーコピー時計 >>最新情報
7.40mm厚のケース内に収められた超複雑機構

もはや腕時計に留まらないアイコニックコレクションとなった「オクト 」。そのタイムピースにおける最大の特徴は、なんといっても八角形と真円が融合した外装と、それを際立たせるために作り込まれた多面ケースだ。

このケースだけ見ても建築的な様式美を感じさせるが、ブルガリはさらに高度な技術力を要するケースデザインでの薄型ウオッチの制作に挑んだ。そして完成したのが、2014年の「オクト フィニッシモ トゥールビヨン」である。実はこの年にブルガリは、手巻きの薄型ウオッチ「オクト  フィニッシモ 」も発表したのだが、それの厚さは5.15mm。対してトゥールビヨン搭載機は5mmと、なぜか複雑機構を搭載した方が薄いという説明し難いパラドックスもあったが、これは超薄型トゥールビヨン開発の過程で作られた副産物的な定番アイテムといえるだろう。



前ページ: 「エンデュランス プロ」の特徴をひとつずつひも解いてゆこう
次ページ: 話題性のある“青金”でラグジュアリーダイバーズへ昇華