スーパーコピー時計 >>最新情報
タンタリウム、チタン、ゴールドの合作シーマスター

スーパーコピー時計オメガがタンタリウムと出会ったのは1993年のことだった。硬質で光沢があり、サビにも強くて化学的に安定しているこの素材は、レアメタルのひとつに数えられるため、腕時計ではごく限られたモデルにしか使われていない。タンタルとも呼称される希少マテリアルに、時計界で先んじて着目したオメガは、さすがといえる。

時を隔て、タンタリウムはさらに希少価値が高まった。そしてオメガはセラミックやセドナゴールドといった素材開発でもリードする存在となったことで、2019年に再びタンタリウムを用い、特性を生かした外装に仕上げた「シーマスター ダイバー300M マスター クロノメーター チタン タンタリウム リミテッド エディション」を発表。このモデルの高評価を受け、新作「シーマスター ダイバー300M クロノグラフ チタン タンタリウム ナンバード エディション」が新たに開発されたのである。



前ページ: 待望の登場!! モナコのブレスレットモデルが再びリリース
次ページ: ハイテク素材をまとったフライングトゥ―ルビヨン