スーパーコピー時計 >>最新情報
ジャガー・ルクルトのレベルソにパーソナライズされたエングレービングを施して自分だけの時を

時計とは単に時を伝えるだけの存在ではありません。それは着用者との間にパーソナルな親密さを作り出すアイテムであり、特別な瞬間や大切な思い出との深いつながりを象徴しています。

 ジャガー・ルクルトがおよそ90年前にレベルソを発表したとき、その何も描かれていないケースの裏面は、単にポロ選手が試合中に時計の繊細なガラス面を保護できるようにするための機能としてデザインされました。しかし、これはすぐにエナメルやエングレービングを施すことで、特別なメッセージや芸術的表現のためのキャンバスとして使われるようになりました。

 それぞれの人生における重要な出来事や、自分にとって意味のある何かを忘れないためにエングレービングを施すだけでなく、大切な人への贈り物に、大事な日付や愛を伝えるメッセージなどをエングレービングする人たちもいました。このような他の時計にはないレベルソの反転式デザインによって、施した装飾を見えないようにすることも、反転させてあえて見せることもできるのです。

 この伝統を受け継いで、3人のフレンド・オブ・メゾンがどのようにレベルソの時計にパーソナライズを施したか、それぞれの物語を皆さまにご紹介します。



前ページ: 神の視点から、時計製造、ジラール・ペルゴの3軸トゥールビヨン時計
次ページ: ライジング・スター賞を受賞した俳優のマイケル・ワードがジャガー・ルクルトのレベルソを着