スーパーコピー時計 >>最新情報
2020新作ORIENT STAR コンテンポラリーコレクション「メカニカルムーンフェイズ」

これまでクラシックコレクションで展開してきた『メカニカルムーンフェイズ』ですが、コンテンポラリーコレクションとして展開する新作では、機能やデザインが一段と進化しています。搭載する自社製キャリバーF7M63 は、9時位置のセミスケルトン、12時位置のパワーリザーブインジケーター、6時位置の月齢表示機構と日付というオリエントスター独特の配置を継承しながらも、駆動時間が50時間以上に向上した最新鋭機で、このモデルに合わせて細部の仕様も従来のクラシックコレクションに収められたムーブメントとは若干異なります。

  新しい『メカニカルムーンフェイズ』の特長は、なによりまず“地球から見た月”という一般的な月齢表示の発想を逆転させた“月の向こうに見える地球”を表現している点です。すなわち、6時位置の月から、その向こうに見える9時位置のセミスケルトンを地球に見立てています。窓からのぞく機械式ムーブメントのテンプの動きは地球の生命観を象徴しています。そしてセミスケルトンを取り囲む丸く盛り上がったリングパーツも地球の丸みを強調しています。



前ページ: 啓蒙思想の時代に捧げるオマージュジャケ・ドローのオートマタ「ホイッスリング・マシーン」
次ページ: 2020繊細で神秘的な色合いを放つ「1919 クロノタイマー・フライバック」ブルー・ダイアル