スーパーコピー時計 >>最新情報
啓蒙思想の時代に捧げるオマージュジャケ・ドローのオートマタ「ホイッスリング・マシーン」

2020年3月20日(金・祝)~4月12日(日)の期間、東京・銀座にあるジャケ・ドロー ブティック銀座にて、2018年にブランドの創業280周年を機に披露されたホイッスリング・マシーン(THE WHISTLE MACHINE)などを展示する「ホイッスリング・マシーン フェア」が開催されます。

ジャケ・ドローが2018年に発表した、世界限定8台のオートマタ。この100%機械仕掛けの生き生きとした囀る鳥は、ブランド初のオートマタが産声を上げた啓蒙思想の時代にオマージュを捧げて開発製造されています。

時計が時刻を表示し人々を魅了する一方で、オートマタは驚きを誘うことこそがその存在意義を持っています。人々を楽しませ、喜ばせるこれらのクリエーションはそれぞれの時代を反映しています。ピエール-ジャケ・ドローはこの技術を持つパイオニアの一人として、現在はヌーシャテル美術歴史博物館に保管されている3体のオートマタを、1767年から1774年に生み出しました。今日ジャケ・ドローは、コレクターの驚きを誘うことを目的とし、この伝統芸術を生かし続ける、世界で唯一の一流時計ブランドと言えるでしょう。



前ページ: 2020年度コピー時計カルティエウーマンズ イニシアチブのファイナリスト21名を発表
次ページ: 2020新作ORIENT STAR コンテンポラリーコレクション「メカニカルムーンフェイズ」