スーパーコピー時計 >>最新情報
ローマン・ゴティエの限定モデルをタカシマヤ ウオッチメゾン 東京・日本橋にて日本初展示

2020年4月8日(水)~5月26日(火)の期間、ジュネーブ・ウオッチメイキング・グランプリ(GPHG)受賞作である「ロジカルワン」のアメリカ限定モデル(5本限定)が、タカシマヤ ウオッチメゾン 東京・日本橋で行われる「ローマン・ゴティエ フェア」にて、日本初展示されます。

「ロジカルワン」は、香箱から供給される力を一定にする機構として、懐中時計の時代に使われていた「フュゼチェーン機構」を現代に再解釈した三針時計です。巻き上げには他では見られない「プッシュボタン式」を採用しています。また部品は、細部に至るまで美しい仕上げが施されており、特に「スイス時計産業の伝統的な手作業の面取り」は、ローマン・ゴティエの時計を象徴するものです。

 ロジカルワンの18Kモデルは、通常、ローズゴールドもしくはホワイトゴールドを用いていますが、このアメリカ限定モデルは、時計業界で長年使われてきたイエローゴールドをケースに採用。スイス時計産業の伝統により忠実な仕上がりとなっています。

 ローマン・ゴティエ フェアはタカシマヤウオッチメゾン 東京・日本橋にて2020年4月8日(水)から2020年5月26日(火)まで開催されます。



前ページ: 2020新作グラスヒュッテ・オリジナルがグレイシャーブルーのシックスティーズ・クロノグラフ
次ページ: フランク ミュラー2020新作ビックデイトを備えたコンプリケーションウォッチに新色登場