スーパーコピー時計 >>最新情報
A.ランゲ&ゾーネウォルター・ランゲ・ウォッチメイキング・エクセレンス・アワードにて日本

2010年より、「A.ランゲ&ゾーネ」より開催されている「ウォルター・ランゲ・ウォッチメイキング・エクセレンス・アワード」は世界中の時計師養成学校の生徒に、A.ランゲ&ゾーネの工房を訪問して時計製作の現場を知り、持てる才能を発揮する機会を与えているいます。

第10回ウォルター・ランゲ・ウォッチメイキング・エクセレンス・アワードの栄冠は、東京のヒコ・みづのジュエリーカレッジに在籍する篠原那由他さんに輝きました。篠原さんが製作したレトログラード式表示機構は、他の手強い候補者による7作品をしりぞけて最優秀の評価を得ました。このコンテストでは賞金1万ユーロが授与されます。

第10回ウォルター・ランゲ・ウォッチメイキング・エクセレンス・アワードの課題は、「自由に選べるレトログラード式表示の設計と製作」でした。5カ国から参加した次代を担う時計師の卵たち8人は、いずれも在籍校からこのコンクールに推薦された精鋭です。2月にドレスデンに審査員4人が集まり、応募作品1点1点について講評しました。審査員にはA.ランゲ&ゾーネの商品開発ディレクターを勤めるアントニー・デ・ハス、時計専門ジャーナリストのギスベルト・ブルーナー氏とペーター・ブラウン氏、そしてドレスデン数学・物理学サロン所長のペーター・プラースマイヤー氏が名を連ねます。評価項目は、アイデアの独創性と斬新さ、機能性、技術と技工のクオリティ、そして見た目の美しさです。今年は、特に最後に挙げた審査基準に大きなウエイトが置かれました。http://www.poptokei7.com/



前ページ: 2020新作 コスモポリタンな女性のための伝説のタイムピースブライトリングコピー時計
次ページ: 2020新作 豊かなマリンライフを彷彿するコルム「アドミラル」コレクションより