スーパーコピー時計 >>最新情報
スーパーコピー時計モンブラン1858 モノプッシャークロノグラフ リミテッドエディション 1858

2020年の新作として、モンブランより「1858 モノプッシャークロノグラフ リミテッドエディション 1858」が登場します。ノスタルジックな山岳探検のスピリットを表現するように、経年変化により緑青が現れ趣のある色調を醸し出すブロンズの特殊合金で作らています。


 モンブラン 1858モノプッシャークロノグラフは、時計ブランドとしてのモンブランの技術的な大きな柱のひとつです。このたびの新バージョンにおいて、モンブランは1930年代のキャリバー 13.20を搭載した歴史的なミネルバクロノグラフに再解釈を加えています。

 オリジナルのミネルバクロノグラフと同様に、モンブラン 1858モノプッシャークロノグラフは、ベージュのレイルウェイトラックを備えたブラックダイヤルと、3時と9時位置に2つのカウンターを備えています。このヴィンテージデザインの基調を損ねることなく、テレメータースケール、数字、ローズゴールド仕上げカセドラル型針はベージュで統一され、夜間の視認性を確保するためスーパールミノバ™(SuperLumiNova™)加工が施されています。

 こうしたエレメンツは、ノスタルジックな山岳探検のスピリットを表現するように、経年変化により緑青が現れ趣のある色調を醸し出すブロンズの特殊合金で作られた 42mmのケースに収められており、ケースバックには「 Spirit of Mountain Exploration」と刻印されています。

 モンブラン 1858 モノプッシャークロノグラフ リミテッドエディション 1858は、キャリバー MB25.12を搭載しており、中央の秒針と 30分積算計で経過時間を表示します。どちらも、ブラックダイヤルとのコントラストを出すためにホワイトの針を採用しており、良好な視認性を確保しています。スタート、ストップ、リセットは、リューズに統合された単一のプッシャーで起動することができます。



前ページ: ヴァシュロン・コンスタンタン「“ラ・ミュージック・デュ・タン”レ・キャビノティエ ― シンギング・バ
次ページ: ジャケ・ドローの高級機械式腕時計と一線を画したピュアなビジョンを展開します