スーパーコピー時計 >>最新情報
2020新作伝統技法「塵地螺鈿」が描く宇宙「カンパノラ」エコ・ドライブから限定モデル

長方形自体が規律と拘束の印象を与え、樽の形ほど芸術的ではありません。 長方形のケースは、初期の女性のジュエリーウォッチでは非常に一般的であり、細くてフィットする女性の細い手首であり、女性用時計のジュエリーブレスレットの一般的な設定とも一致しています。 メンズウォッチの長方形のケースは、出現するとすぐにニュートラルな気質になります。 1930年代に作られたブルガリのアンティーク時計は、女性の時計といえば可能です。 控えめで控えめで、文字盤にギリシャのキーパターンがあり、イタリアの男性のスタイルとはまったく異なります。

         2か月前に、ロンジンは「大中央ヴァイナー」という名前の新しい時計シリーズを発表しました。 半世紀以上前の長方形の時計とまったく同じ貝殻の形をしていて、その年は男性が路上で着用することができました。 しかし、時代も変わり、時計も大きく変わりましたが、時計は私たちの周りの女性を満足させるのに十分です。 2020年の新作として、シチズンより時を愉しむためのウオッチブランド「カンパノラ」の光発電エコ・ドライブを搭載したコレクションから、伝統技法「塵地螺鈿(ちりじらでん)」を用いた数量限定モデルが登場します。12時位置と6時位置のサブダイヤルを取り巻くように施した回転連続パターンでふたつの次元をワームホールがつなぐイメージを電気鋳造で表現し、6時位置のサブダイヤルには貝の真珠層を散りばめた「塵地螺鈿」細工を用いた、壮大な宇宙空間をデザインしたモデルです。

この「塵地螺鈿(ちりじらでん)」限定モデルは、『カンパノラ』のデザインコンセプトである「宙空の美」を漆黒と神秘的なゴールドを組み合わせて表現、壮大な宇宙を時計の中にデザインしています。

日本の伝統技法である漆塗りに、貝の真珠層を散りばめた「塵地螺鈿」細工が施された 6時位置のサブダイヤルが特長です。宇宙船の窓から眺めた漆黒の宇宙空間に輝く星空や、ムーンフェイズにより夜空に浮かぶ月の満ち欠けを表現しました。また、古代アステカ風の文様で太陽を描いた 12時位置のサブダイヤルは針で日付を表示します。12時と 6時のサブダイヤルを取り巻く様に電気鋳造で回転連続パターンを施し、あたかもふたつの次元をワームホールがつなぐような世界を作り上げました。定期的な電池交換が不要な光発電エコ・ドライブの中でも、文字板の見返し部分にリング状のソーラーセルを備えた仕様のため、このような多彩な文字板表現が可能となりました。



前ページ: スーパーコピー時計ゼニスCEO ジュリアン トルナーレ氏からのビデオメッセージも到着
次ページ: ヴァシュロン・コンスタンタン「オーヴァーシーズ・エクストラフラット・パーペチュアルカレンダー」